COLLEGE Official Website | あらゆるアダルト情報を無料(フリー)提供しています。

アダルト情報を含んだコンテンツがあるのでご利用は各自の責任でお願い致します。
当サイトの記事の無断転載、複製などは固くお断りしています。

ゲイが集まる銭湯で

僕は決してゲイではないが、性欲が強すぎてゲイのアナルを犯してみたいと考えるようになった。そんな僕の初めての体験談。

初めて味わうゲイのフェラチオ

人並みに結婚をして普通の女性とも性行為をしている僕だが
性欲は人並み以上で奥さんとセックスをした後も
自分でオナニーしてしまうくらい性欲が強い。
ある程度自分のペニスの大きさにも自信を持っていて
セックスしたことがある女性からは大きいとか太いとか
よく言われていた。そんな自分のペニスを使って
いつかはガチムチのゲイのアナルを
掘ってみたいと考える様になった。
決して自分はゲイではないのだが性欲が強いので
色んな人間とセックスをしてみたいのだ。
しかし実際にゲイとどこで出会えばいいか分からなかったので
地元でも有名なゲイが集まる温泉があるらしいので
そこに行くことにした。
ドキドキしながら銭湯の脱衣所に入るとたくさんの男性がいた。
実際にゲイがいるのかは分からなかったが
僕のペニスをじっと見てくる男も複数いたので
やはりここはゲイが集まる場所なんだと確信した。

そして浴槽の中に入り湯船に浸かっていると
見た目40代くらいの男が同じ湯船に入ってきた。
小さい湯船だったので自然に足や手が触れ合う。
僕は内心緊張しながらも平静を装っていたが
男の指が僕の足先からふくらはぎをなぞる様に触れてきた。
明らかに誘っているその仕草は
僕が拒否しないか確認していたのだろう。
男は何も抵抗しない僕に浴槽に腰掛ける様に指示を出す。
そしておもむろに僕の股間に近づき
ガチガチに反り返るほど勃起したペニスを頬張った。
女性にしてもらうフェラチオとはまるで違う、
力強くペニスに吸い付くような吸い方に思わず喘ぎ声を上げていた。
あまりの気持ち良さに男の喉奥までペニスを突き刺してしまったが
少し苦しそうにしながらもペニスを吐きだすことはしなかった。
そしてもう我慢出来なくなり男にイキそうだと伝えると
コクンと頷いたのでそのまま口に射精した。
ドクドクとペニスが波打って大量の精液を男の口に注ぎ込んだ。
男はそれをためらいもなく飲み干して浴槽から去っていった。
ゲイのアナルを犯すことはできなかったが
次にこの銭湯に来た時にはゲイのアナルにたっぷりと
精液を注ぎ込もうと思う。